日体大野球部 優勝への鍵は4年生

首都大学野球リーグ戦は現時点で東海大がトップに立っている。日体大は大一番で東海大に敗れ秋の連覇が遠のいたが、まだ優勝への道は残されている。

 

 日体大東海大との1回戦、日体大のスタメン発表に場内がどよめいた。4番を張っていた高垣(智辯和歌山)がベンチメンバーを外れ、クリーンナップに1年生3人が起用されたのだ。3番に三野原(東福岡)、4番に橋本(敦賀気比)、5番に石井(愛工大名電)の3人だ。3人とも開幕からスタメンに名を連ねていたが、クリーンナップに並べるのは、想定外だった。しかしそんななかで、チームは敗戦したものの、石井が初ヒットを記録するなど3人が1本ずつ安打を放った。4試合通じても三野原は15打数5安打、橋本は13打数安打と好調で1年生が打線を牽引している。

 

  日体大の野手陣は、去年も下級生がスタメンに名を連ねていた。明治神宮で4番を張った高垣や正捕手の馬場(八戸学院光星)、切り込み隊長の上西(宇部鴻城)ら1,2年生の活躍もあり、チームが底上げし日本一に繋がった。かし、2枚看板を生かした守り勝つ野球で日本一に輝いた裏には、4年生が打撃を牽引したことを忘れてはならない。

 

  1人目は現在BCリーグ栃木で活躍する谷津鷹明(向上)だ。秋のリーグ戦では打率.345を記録し、明治神宮でも.538とチームの打線を牽引した。2人目はオールフロンティアでプレーする冨里優馬(日体荏原)だ。明治神宮では打率.455で2試合連続先制打を放ち計4打点とラッキーボーイ的な活躍をした。リーグ戦そして関東、全国を勝ち抜くためには、4年生の力は必ず必要になってくる。

 

 

  チームの要である船山(日大三)、東海大戦で2本のヒットを放ち調子を上げている中村(大阪桐蔭)、東海大戦で同点タイムリーを放った中田(大宮東)、チーム1の快足の森岡(東海大浦安)、ムードメーカー的存在の齋藤(玉野光南)、春は怪我でしており秋に戻ってきた木村(日大藤沢)ら4年生の奮起に期待したい。

 

  

高校日本代表には必要なのは連携なのでは

  台湾に敗れて決勝進出を逃してしまった、U-18野球日本代表に対して様々な意見が利かれる。敗因もいろいろあるでしょうが、ここでは守備的な面を書きたいと思います。あくまでも個人的な意見ですが。

 

  夏の高校野球100回の記念大会が終了した後に選手は集結。選ばれた18人が同じチームで戦う機会はほとんどない。顔の面識があるだろうが、同チームでプレーしたことのある選手は限られてくる。その状況で直前の合宿は短期間であり、4試合の練習試合を行った。そもそも4試合も行う必要かあったのかと思う。

 

  毎年のように言われていることで、元から木製バットへの対応が厳しいのはわかってたことだし、そうなると大事なのは守備。特に今回の選考は本職以外のポジションをこなさなければならない選手が集まった。そのなかで、9人の投手陣とある程度は連携を深めなければならない。 しかし、練習試合を4試合を行って、その連携を深めるための時間は取れていたのかと疑問に思う。

 

 合宿の1日目と2日目にシートノックを行ったということは確認しているが、練習内容を全て把握できているわけではないので、もしかしたら、連携のために時間を割いていたのかもしれない。だか、現時点では守備のミスや連携ミスが多発してしまっている。今回の大会に関しては、単に試合だけを見て判断したってしょうがない。試合の前には必ず練習があるわけですから。

首都大学野 東海大VS日体大 展望 (日体大編)

首都大学野球リーグ戦は2週目に突入するが、早くも優勝争いの大一番となる東海大日体大の試合を迎える。両チームとも2連勝の勝ち点1での対戦だが、優勝のためには負けられない一戦となる。その試合のポイントを探っていきたい。(日体大編)

 

1.両チーム強力な投手陣を抱えるが、気になる先発起用は?
 

2.クリーンナップに当たりがでているだけに、1,2番が機能してほしい
 

3.総力戦が予想される状況で頼りになる控え選手の存在。

 

日体大

 東海大に対しては昨秋と今春と負け越しているため、雪辱を果たしたい。全国でもトップクラスの投手陣は凄みを増しており、いかに打線が得点を取るかが鍵になってくる。

 

 

 予想される先発投手は、2枚看板の松本(明石商業)と東妻(智辯和歌山)である。しかし、延長戦で総力戦となる可能性もあるので、吉田(大冠)や北山(横浜)らを先発き起用し、東妻を後ろに残しておくという選択肢もある。

 

 

 打線は、クリーンナップに起用されている下級生たちが結果を残している。特に5番で起用されている橋本(敦賀気比)が絶好調で、この前にランナーをためたい。一方で2番の船山(日大三)がまだノーヒットであり、チームの柱であり攻守の要である存在に早く一本がほしい。

 

 

 期待する選手は二人。一人目は、帝京大との2戦目で逆転のタイムリーヒットを放った小林(作新学院)だ。新人戦から好調を維持しており、東海大戦でも勝負どころでの起用が予想される。もう一人はエドポロ(柏日体)である。春のリーグ戦で東海大の飯嶋から衝撃の2ホーマーを放っており、飯嶋先発が予想される2戦目での出番がある可能性も。

 

 

 東海大に勝つためには、投手陣が最小失点に抑えることが必須。春に抑えられた相手投手を攻略するのは難しく、接戦になることが予想される。我慢強く戦い、小技も絡めて得点を取っていきたい。

 

首都大学野球 東海大VS日体大 展望 東海大編

首都大学野球リーグ戦は2週目に突入するが、早くも優勝争いの大一番となる東海大日体大の試合を迎える。両チームとも2連勝の勝ち点1での対戦だが、優勝のためには負けられない一戦となる。その試合のポイントを探っていきたい。(東海大編)

 

1.両チーム強力な投手陣を抱えるが、気になる先発起用は?

 

2.クリーンナップに当たりがでているだけに、1,2番が機能してほしい

 

3.総力戦が予想される状況で頼りになる控え選手の存在。

 

東海大

春の優勝チームである東海大は、日体大に対しては春は2勝1敗、昨秋も2連勝しており相性はいいはずだ。桜美林戦の2戦目は、打線が8得点しておりチーム状態よ良い。

 

投手陣はエースの青島(東海大相模)が投げれる状態になく、怪我で離脱している小郷(関西)もまだ厳しそう。先発は桜美林戦と同様に原田(東海大望洋)と飯嶋(成田)が予想される。原田は春の日体大戦では2試合に先発し、15奪三振と11奪三振といずれの試合も好投を見せている。飯嶋は春の対戦でエドポロに2発打たれたものの、13奪三振を奪っておりイメージは悪くないはず。

 

打線は3番の長倉と4番の平山快の東海大相模コンビが2試合連続タイムリーと波にのっており、下位打線からも得点が生まれている。1番で起用された春の最優秀選手藤井健(大阪桐蔭)がまだ1安打と乗り切れていので、爆発に期待したい。2番を任された鈴木大(東邦)も2試合連続ノーヒットで、ショートのポジションに誰が起用されるか注目。

 

総力戦が予想される中、勝負どころで期待したいのは、杉崎(東海大相模)だ。春のシーズンは直前の怪我により出番がなく、秋に復帰。桜美林戦で代打で登場し、ヒットを放っている。元々は主力選手なので、この男の復活は東海大にとって頼もしい。

 

 

苦しい投手陣の台所事情であるが、打線も上り調子。日体大の投手陣に対して、チャンスは少ないだろうが、勝負強い選手たちで得点に結びつけたい。

   

首都大学野球開幕!激戦を制すのは?

9月1日に開幕する首都大学野球リーグは、昨秋は日体大がリーグ戦、関東、明治神宮と勝ち抜き日本一に輝いた。春のリーグ戦は、混線の中で東海大が抜け出し優勝。首都勢として2連覇へ挑む今秋は、さらに熾烈を極めるだろう。そんな激戦必至の首都を展望してみたい。


優勝争いの軸は、春を制した東海大と秋連覇を狙う日体大だろう。東海大は、春のリーグ戦不在だった、大エース青島か復帰したのは心強い。その他にも飯嶋や原田、山﨑と駒が豊富。直前に怪我をした日本代表の小郷も控える。打線は、4番平山とと春の首位打者の海野、最優秀選手の藤井が軸。中軸に好打者が並んでいるため、1,2番か機能すれかが鍵を握る。


一方の日体大は、Wエースの松本、東妻を筆頭に吉田、北山、森ら全国屈指の投手陣を揃える。怪我から復帰した吉高も登板すれば面白い。春は、打線が機能せずに接戦を落とした。オープン戦でもランナーを出しながら、得点を取れないケースが目立っただけに不安要素も残る。特に春不振だった大木や高垣の復調は必須で、1年生の三野原の打棒に注目。


この2大学を追うのは、春に旋風を起こした武蔵大だろう。2枚看板の秋山とヒンブルこの二人の投球がチームの鍵を握る。春は3割を記録した山北と清水を中心に打線が援護したい。春は開幕5連勝と勢いに乗った。東海大日体大と当たるのは、ラスト2週。前半で勢いに乗りたい。


そして、 この秋に上位チームが一番警戒する必要があるのは筑波大。秋のオープン戦は、打線が噛み合い好調で14戦で12勝。2年生の村木や加藤を中心に投手陣は安定しており、オープン同様に打線が機能すれば優勝争いにも加わるはず。春は2番や3番で起用された種子島に注目。


春は5位の帝京大と6位の桜美林大は厳しい戦いになりそう。 帝京大は春ベストナインの中川が先発する試合は絶対に取りたい。春に負けた試合も接戦なだけに首位打者の星田を中心に1点でも多く取りたいところ。春のオープン戦では、4連敗で終え、リーグ戦前半も波に乗れなかった。この秋もオープン戦は3連敗で終わっており、前半で悪い流れを立ちきりたい。


桜美林大は、入れ替え戦で苦戦を強いられながらも何とか1部に残留した。しかし、首都を勝ち抜くためには、その粘り強さが大切であり、秋に繋がるはず。飯村や松葉ら投手陣の継投のタイミングも重要になってくる。失点を最小限に抑えて、接戦に持ち込みたい。


春のリーグ戦では、息詰まる投手戦が続いた。秋も同様に投手戦が多くなることが予想される中、どの大学も粘り強く戦うことが大切。どの大学にも勝つチャンスがあるし、優勝できる可能性がある。きっとハラハラする展開が待っているはず。ぜひ首都に注目してほしい。

日体大、六大学王者に勝つ!

日体大全日本大学選手権を控える慶応大とのオープン戦を戦った。春のオープン戦に続き、慶大との戦いは2連勝

日体 102 000 020 =5
慶大 001 100 000 =2

大阪桐蔭から教育実習帰りの中村誠が1番スタメン。小林、添田の作新コンビがともにスタメン。ショートには今季からセカンドを守る高垣が入る。その高垣は2塁打を2本放ち、リーグ戦の不調から脱し、成長を見せた。橋本は明石商戦から続きスタメン起用され、監督の期待の高さがうかがえる。大学ジャパンの候補に選出された松本と東妻はリーグ戦以来の登板となった。

大学選手権展望 ハイレベルな投手陣!

11日から全日本大学野球選手権が開幕する。ドラフト候補の好投手が目立つ今季の大学野球界、投手力のあるチームが上位に行く可能性が高い。

 

優勝候補筆頭は東都代表の東洋大学だろう。上茶谷、甲斐野、梅津の3人のドラフト1位候補の投手陣を擁する。梅津の怪我が心配されるが、先発の上茶谷から抑えの甲斐野へと磐石のリレーはそうは崩れないだろう。

 

東洋大と2回戦で当たる可能性のある首都代表の東海大も注目だ。主軸の杉崎を怪我で欠き打線の力は劣るが、投手陣の駒は東洋大もある。エースの青島は故障により、リーグ戦の登板は1試合に終わったが、飯嶋、小郷、原田、山﨑とレベルの高い投手が揃っている。

 

投手力でいえば、六大学代表の慶応大学も駒が豊富だ。同じようなレベルの投手が何人も揃っており、総合力は高い。早慶戦では打線が振るわなかったが、DH制のあるため、正木や福井などの1年に期待がかかる。

 

打線の力は千葉代表の国際武道大学がありそうだ、今季リーグ戦10勝0敗と完全優勝を果たした。3番勝俣、4番豊田の主軸は相手投手にとって、脅威になりそう。エース伊藤は故障でリーグ戦はベンチ外だったが、平川が5勝を挙げエース不在を補った。

 

各大学とも主力選手に故障者を出しながら、リーグ戦を勝ち上がってきた。苦しみながら優勝を果たしてきただけに、どの大学も粘りはありそう。熱戦に期待したい。